禁句:誰のおかげで飯が食えるとおもっているんだ

「誰のおかげで飯が食えるとおもっているんだ」これは奥さん(特に専業主婦)に対して最も言ってはいけない一言ではないかと思います。

言ってはいけない一言ではなく、思っただけでも同じくダメです。

この言葉を発してしまう・思ってしまう原因は、視野・思考の狭さとその時の感情に身を任せてしまい、しっかりと先を見据える力量の無さが原因です。つまりこの言葉を発する・思う=人間力の低さを自覚しなくてはいけません。

特に足りていないのが「謙虚さ」です。

この言葉、思考が出そうになったら「謙虚さ」が足りない ダメだ!戒めよ!と自戒する必要があります。

誰のおかげで飯が食えるのか?

お金を稼いでくる夫であるあなた“だけ”のおかげでしょうか?

その給料を払ってくれているのは会社です。そう考えると、会社のおかげでもあります。

経営者の人なら取引先や、一緒に働いてくれるスタッフのおかげです。

「私の稼いだお金」「私のお金」という執着があるから、勘違いして飯を食えてるのは俺のおかげだというエゴが生まれ、そのエゴを奥様にぶつけてしいまうのです。

本当に稼いでいる人、本当に力量のある人、本当に魅力のある人は「私のお金」「私が稼いだお金」というエゴや執着がないので、奥様に対してこの禁句:誰のおかげで飯が食えるとおもっているんだ をぶつけることもありません。

視野を広げて、感謝の気持ちを持とう

夫なら稼いでいるお金は、前述のとおり会社や取引先から頂いているものという視点

ご飯が食べられるのは、稼いでいるお金だけではなく、お米を作ってくれている農家、それを流通している流通業者、お米を炊き上げる炊飯器を作ってくれたメーカー、それを販売してくれる店舗・・・ と多角的に視野を持つと、色んな人のお陰で飯が食えているんだ ということに気づきます。

私は生きているのではなく、生かされている

もっとたくさんの人に感謝して謙虚に生きないといけない という視点を持つことです。

その言葉を発してもプラスが無いことを理解する

極論ですが、「誰のおかげで飯が食えるとおもっているんだ」この言葉を発して、夫であるあなたが幸せになれるのなら、発せればいいと思います。

それにより、気の強い妻と喧嘩をすることで幸せを感じられる

気の弱い妻なら、涙する姿を見て幸せを感じられる

あなたがこんなサディスティックな変態なのであれば、どうぞお好きなように発すればいいと思います。

その結果妻が去っていくことになっても、ご自身の選択された言葉ですから・・・

でも、この言葉を発することで、起こることにハッピーになれないのであれば、なぜ発するのでしょうか?

「そのときどきの感情に身を任せる」このステージはもう卒業しませんか?

夫であるあなた自身が幸せになり、家族も幸せにするために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です